ハート

ハワイアンジュエリーは日本人に人気┃ペアリングに最適

あなたが最も輝ける1着を

衣装

制限なく好きなものを選ぶ

ウェディングドレスの場合、ほとんどの人が白や白に近い色のドレスを選びますので、色で遊ぶことはあまりできません。ドレスのラインやデザインでウェディングドレスを選ぶ人が多いでしょう。これとは異なり、カラードレスの場合、色やデザインに大きな制限はないですので、自分の好みに合わせて自由に選ぶことができます。ひと昔前までは、カラードレスと言っても、1色のドレスが多かったですが、最近では、ヒョウ柄は花柄等、ドレスの布自体に柄がプリントされているものもあり、デザインも多様化しています。特に、芸能人がプロデュースしているブランドの場合、他のブランドとの差別化を図る意味でも個性的なデザインが多いので、たくさんドレスを見て、自分に合う1着を探すのがおすすめです。

お色直しで印象を変える

カラードレスについては、結婚式のお色直しで身につける人が多いです。1着目には、ウェディングドレスもしくは和装の王道スタイルを身につけ、お色直しでカラードレスを身につけると、ゲストの方にもお色直しの印象が強く残ります。ここで一つ工夫すべき点が、お色直しのカラードレスでは、1着目のドレスと差をつけることです。最近では、1着目にウェディングドレスを身につけ、お色直しでも、別のウェディングドレスを身につける人もいますが、同じ白いドレスですと、本人には違いがわかっても、ゲストには違いがわからないということも多いです。また、お色直しのドレスが白いウェディングドレスではないにしても、すごく薄い色のドレスですと、ゲストの方に違いがわからないこともあります。ゲストの方にお色直しも楽しんでいただけるよう、1着目とは印象を変えることがおすすめです。